a train journey in Swiss #1

7月18日(土)

いざスイスへ!!

成田空港に到着、チケットを受け取り、スーツケースを預ける。両替をして本屋で時間をつぶす。
と、「わがまま歩き 旅行会話 ヨーロッパ5ヶ国語」という本を見つけたので購入。

大学の時に第2外国語として習得したフランス語知識は皆無に等しいし、ドイツ語はまったくもって未知。
ほぼ定刻どおりに離陸し、いつものように窓際に陣取ったオレは寝ても覚めてもひたすら窓の外を眺めていた。
8割は曇っていたが、所々雲間から下界を眺めることが出来た。
特に初めて見る、ユーラシア大陸の果てなく広がるツンドラは印象に残っている。
ヨーロッパに差し掛かるとまた一面雲になり、今後の天気が心配される。
離陸から13時間後、ようやくスイスに到着!

 

Flughafen Zürich ~ Genève Aéroport

さすが涼しい!入国手続きを済ませ、そのままジュネーブへの乗り換え便に。
1時間もせずにジュネーブに着き、早速ホテルへ。

電車に乗る前にスイスパスのバリデーションを済ませ、ホームへ!
どのホームからコルナヴァン駅への電車が出るか聞いたものの、不安になって電車内でも再確認。
それにしてもスイスの電車は日本と違って乗り心地がよさそう。1等車という事もあるが、新幹線よりも快適なのだ。走行音も思ったより静かだし。旅の滑り出しは上々である。

ジュネーブ市街散策

駅に着き、ホテルを探す。最初は反対側の通りに出てしまったが、難なく見つけチェックイン。
18時を過ぎていたが、ここスイスは日没が22時との事で、辺りはまだまだ明るい。
手荷物を整理して慌しく市内観光へ。
とりあえず、ぶらりと歩く。
初めてのヨーロッパ、初めてのスイスである。
ちょうどローヌ川とレマン湖の境にかかるモンブラン橋を渡り、イギリス公園へ。

花時計を見て旧市街方面へ。


石畳の道を歩きながら写真を撮りまくる。

その後、ジュネーブ大学方面へ向かい、宗教改革記念碑を拝もうとするも工事中で見れず。

小腹が空いてきたので露店でサラミ入りパンとビールを買い、散歩を続ける。

こんな感じで約2時間ほど歩き回る。
辺りがようやく薄暗くなり始めた21時頃ホテル向かいのLes Brasseursで夕飯!
メニューを見るもフランス語で意味不明なので英語メニューを出してもらう。
シトラス入りビールを飲みながら明日以降の旅程に思いを馳せる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>